超乱読!

精読が大事、読んだことを実行しないと意味がない・・ごもっともですが、そんなことよりひとまず読むのが好きなんです。

あなたの好きな本はなんですか?『TOKYO GRAFFITI4月号』→『アイドル脱落日記』3

読書メーターに登録していて、数人の感想をいつも読んでいる。
『書店主フィクリーのものがたり』のレビューに、
「きみは、ある人物のすべてを知るための質問を知っているね。あなたのいちばん好きな本はなんですか?」という一文があったことを書いている人がいた。

「あなたの好きな本はなんですか?」

確かに下手に答えられない質問だ。
センスねぇなあ、読解力ねぇなあと思われる可能性を考えると、怖くて何も言えなくなる。


『TOKYO GRAFFITI4月号』の特集が、
「女子クリエイターが強烈に影響を受けた本・映画・音楽」だった。
本に映画と音楽まで足して、しかも”強烈”にという文句もついた、もはや、「あなたはセンスいいの?」という身も蓋もない質問を、センスで成立しているような職業の人に聞いてやろうというめちゃくちゃな特集といってもいいだろう。

Tokyo graffiti(トウキョウグラフィティ) 2016年 04 月号 #137 [雑誌]

自分がもし答える側のクリエーターだと想像したら、身震いする。
大衆に受けているものを取り上げたら、つまんねー奴、こんなんに影響受けるのって薄っぺらいヤツって思われそうだし、
かといってマイナーなところ選ぶと狙った奴、ツウぶってると思われそうだし、
大槻ケンヂとかみうらじゅんとか選ぶとサブカルかぶれと思われそうだし…
ああああぁあああああ。

この超難問に、デザイナーや美術家、女優、歌手などが挑んだ特集。
読んでみたい本や観たい映画がたくさんあったけれど、この手の特集はどうしても答えている人に興味がわく。
『ご近所物語』を挙げる女優の青柳文子さん、
『ミッシェル・ガン・エレファント』を挙げるデザイナーの瀬戸あゆみさん、
『芸人前夜』を挙げる総合エンターテイメント施設?の水野しずさん、
『筋肉少女帯』を挙げる現代のナードガール?緑川百々子さん、
『蒼井優の写真集』を挙げて、明日からも生きていこうという気持ちになるという感想を寄せる、シンガー柴田聡子さん
等々。
興味が湧いた人たくさんだった。

芸術感覚ゼロの自分は知らない人ばっかりだったのだが、唯一知っていたのが、
ライター小明さん。
就職してすぐ、だだっぴろい部屋に移り住んで、家具家電も何もなくてパソコン一つの部屋で、『Gyaoジョッキー』を見ていた。その時に番組をやっていたのが小明さんだった。
番組の内容は覚えてないんだけど、きれいでおもしろくて、悲観的ということだけ覚えていた。
当雑誌でも、業田良家『自虐の詩』を挙げていて、「いいねえ、一貫してるねえ」とうれしくなった。

でも、人物紹介の肩書が”母になったゾンビアイドル”。
母?ゾンビアイドル?

つーわけで『アイドル脱落日記』を読んだ。
アイドル脱落日記 ~ウェディング オブ ザ デッド~アイドル脱落日記 ~ウェディング オブ ザ デッド~
小明

講談社 2015-12-08
売り上げランキング : 48173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゾンビアイドルとして話題という小明によるエッセイを堪能せよ・・・という本。



ちなみに僕が最も影響を受けた本は『聖の青春』なんですが、映画化が決まって、これからこの本を挙げたら、「映画化されたから読んだんだーミーハーな奴」って思われそうで言いにくくなりましたとさ。
続きを読む

浜崎あゆみファンは必読!『QuickJapan121』→『生まれた時からアルデンテ』3

年始に毎年読んでいる本の一つに本谷有希子さんの『かみにえともじ』がある。

『かみにえともじ』を読んで、エッセイのことをふわーと考えていたら、最近すげえ惹きこまれたエッセイを読んだことを思い出した。


『QuickJapan121』での平野紗希子さんの『全然負ける気がしない』というエッセイ。
クイック・ジャパン 121クイック・ジャパン 121
バカリズム

太田出版 2015-08-12
売り上げランキング : 172545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『浜崎あゆみが好きだと言うと笑われる。』で始まり

『私たちより少し後に生まれてしまったばっかりに、気の毒にもあゆをおばさん呼ばわりし、西野カナを歌姫と崇め「お気に入りのハイヒールは靴擦れがいつも痛いけどやっぱり今日の服にはこれしかない♪」などという陳腐な駅ビル広告の歌詞世界を心に刻まざるを得なかった年下世代には、正直全然負ける気がしない。(P187)』
で終わる浜崎あゆみ愛を語ったエッセイなのだが、これが本当に惹きこまれるものだった。
浜崎あゆみを好きでも嫌いでもない自分が惹きこまれたくらいだから、あゆファンの人にはたまらないと思う。
どこかまとまりがないように感じたし、なぜこの言葉を選んだんだと思うところもあったりもしたのに、そんなの気にならないくらい熱く、気持ちがいい内容で、浜崎あゆみファンにとにかくおススメ。
121号の特集はバカリズムなのでバカリズムファンの人もついでにこのエッセイは読んでみていいと思う。

このエッセイを書く人が他にどんな作品を書いている人なのか猛烈に興味が湧いた。

つーわけで『生まれた時からアルデンテ』を読んだ。
生まれた時からアルデンテ生まれた時からアルデンテ
平野 紗季子

平凡社 2014-04-24
売り上げランキング : 150034

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



続きを読む

二階堂ふみの印象が変わるはず!『アダルト上』

正月久々にテレビ漬けだった。

断捨離に影響されて、テレビを処分してからというものほとんど見ることのなくなったテレビのバラエティ番組というものを見続けた。


『ぐるぐるナインティナインゴチになります』を見た。

シーズン17とのこと。学生時代に見ていたものが変わらず放送されていたのをみるとうれしくなった。

新メンバーは二階堂ふみ。
バラエティ向かないんじゃないのと思う人も多いのでは?
自分も邦画好きで演技は知っていても、昔は暗いどちらかというと社交性のない人のイメージがあったが、対談本を読んでイメージが一変した。

つーわけで『アダルト上』を読んだ。
アダルト 上 二階堂ふみがきいた大人の話アダルト 上 二階堂ふみがきいた大人の話
二階堂 ふみ

マガジンハウス 2015-09-30
売り上げランキング : 3798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

POPEYEで連載された対談をまとめました・・・という本。


続きを読む

何が何だかわからんが読んでしまう!『駒doc.』3

将棋が好きだ。

限りあるマスの中で、何百年も指されていて同じ局面が現れない魅力ったらないわけだ。
負けた方が必ず差す手を変えるから、プロでは同一局面が現れないんだよ、と説明されてもすごく不思議だ。
簡単に必勝法ができそうなものなのに、まだ出来上がっていない。
定跡もころころ変わる。
僕が中学生の頃悪いとされていた手が、今ではそれしかないとされていたりする。おもしろい。

また、自ら負けを認めるゲームである、というのも魅力にあげる人が多い。
多くのプロがあるスポーツ&ゲームで自ら負けを宣言するというゲームはたしかに少ない。
もう動かせる駒がない、いわゆる詰みになるまで指すことはなく、自分が負けだなと思ったところで投了をする。
強くなればなるほど先が読めるようになるので、投了は早くなる。また、相手の力に対する信頼でもそれは変わる。強い相手であれば、間違えることはないだろうと、相手が間違えないと自分に勝ちがない場合も投了が早くなる。
「負けました」「参りました」というのは本当に悔しいし、麻雀のように、運の要素が少ないゲームなので、自分より強い人と連続でやってもやっただけ負ける。

今配布されている紀伊国屋書店の『scripta』の中年の本棚という連載で、羽生善治さんの、十代のときどんなに苦しい将棋でも粘ってなかなか投了しなかったが、あるときから駄目なものは駄目だから素直に次に向かっていった方がいいと考えるようになった。
『投了にはさまざまな解釈があって、早く投了することによってツキを充電していると思えるケースもあります』という話が紹介されていた。

そこで将棋電王戦リベンジマッチ 森下卓九段 vs ツツカナ | ニコニコ動画

電王戦というのはプロ将棋棋士とコンピュータ将棋ソフトが団体戦で対戦するもので、ここ数年プロ棋士が負け越している。
昨年、森下卓九段がこの大会で負け、「でも、こういうルールだったら勝てるもんね!」というようなことを言った。
んで、こういうルールでやったのが、昨年大みそかのリベンジマッチ。
ここでの森下九段がすこぶるすごかった。
序盤はいい勝負、そしてじりじりと森下九段優勢の局面に。
でも、コンピュータは投了しない。
次第に森下九段の完勝局面に。
でも、コンピュータは投了しない。
そして森下九段は20時間指し続けた。

運営判断で日を改めてやるという決断になったのだが、まあ将棋の初心者が見ても逆転はないくらいの状況だった。
大晦日深夜、自分は何をしているんだろうと思いながらも思ったわけです。
やっぱりまだまだ人の方が上だな、と。


つーわけで『駒doc.』を読んだ。




続きを読む

12月に読んだ本で読書メーターに感想書いたもの

新年。

ついに31歳になってしまった。
中学生のころ、30歳の自分はきっとだらだら好きなことやって過ごしてるんだろうなあと思っていた。
大学生のころ、30歳の自分はきっとほげーと本読んで映画観て旅行してだらだら過ごしてるんだろうなあと思っていた。
社会人になって数年のころ、30歳の自分はきっとなんとなく本読んで旅行してだらだら過ごしてるんだろうなあと思っていた。

そしてその通りにだらだら本を読んで旅行する毎日を送っている。
願えば叶うってやつだ。

ただ、好きなことをだらだらやるには金が要るんだよね、という当たり前のことを忘れていたようだ。
想像力欠如だ。
40歳の自分もだらだらと本を読んで旅行していたらいいな、と思っている。出来れば金のことを考えないでそういう生活をしていたいなと。
金のことを考え出しただけちょっと成長したとしておこう。


更新を忘れていたので、ひとまず読書メーターに書いている感想のまとめ載せてみる。

12月はビジネス書でいい本が2冊あった。いい本というより、自分がしたいことをやっている人がいるなあという感想を持てた、いわゆる超うらやましい、と思えた本。
『世界一ふざけた夢の叶え方』
世界一ふざけた夢の叶え方世界一ふざけた夢の叶え方
ひすい こたろう 菅野 一勢 柳田 厚志

フォレスト出版 2014-08-08
売り上げランキング : 2385

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大人になってから出会った3人が、夢を語り合い、その進捗を確認し、経験を共有し、やりたかったことを達成するまでの話。
けっして文章が素晴らしいということはないのだが、昔からこういうことがやりたかった。
社会人になってから何かを達成しようと思った時に、一人でそこまで到達するのは非常に難しい。
同じ熱をもった仲間が必要だ。
最近はアフィリエイトでもオリジナルでSNSを作って情報&経験共有をしている例が多く、一人で昇っていくというより、みんなで昇っていくという形を取っているものが多い。
結局やるのは自分なんだけど、経験を共有し、複数人分の人生を生きてしまうというチームが必要だろうなと。
うらやまし。
自分も何度もこの手のチームを作ろうとしたんだけど、本当に熱を持つ人っていうのはすごく少なくて、そして自分の能力が現段階で低すぎて相手が欲しいものをあたえられなくてうまくいかないことが多かった。早急に再度チーム結成しようかな。


もう1冊は『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと 』
自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)
四角大輔

サンクチュアリ出版 2012-07-12
売り上げランキング : 2643

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読書メーターの感想にも書いたけれど、とにかくサンクチュアリ出版っぽい本。
そしてこういうの好き。
人生に必要なものは実はすんごく少ない。でも、生きていくうちに余分なものをいっぱい持ってしまう。
それはモノであり、ヒトであり、思考であり。
そういうのもう一度本当に必要かどうか考えてみて、不要だったら思い切って捨てちゃおうよと。
結局は、ビジネス書的には『ワンシング』の考え方に近くて、一つのことに集中するには他のモノを排除しないとできないよね、と。ちなみに生活書的には『人生がときめく片づけの魔法』に近く、自分が本当にわくわくするものだけを買おう、手元におこうね、と。
今使わないモノを捨て、小銭入れを捨て、ポイントカードを捨て、いいものは人にあげて、最低限の服だけ持って、先送り願望を捨て、他人の常識を捨て・・・。
自分は20代の気持ちで生きています!という3、40代の人にも参考になるところはあるはず。


続きを読む

簿記挫折組は必読!『世界のエリートがやっている会計の新しい教科書』4

簿記検定がこれだけメジャーな意味がわからない。
仕訳だったり、財務諸表作成だったりっていうのを日常業務で使っている人ってかなり少ないように思うし、簿記検定を取ったとしても、2、3級あたりでは財務諸表を読む力はそんなにつかないように感じる。
受験者数が多い割には、検定用の参考書を見てみるとすぐに仕訳の説明に入っていて、ひとまずやってみろ方式だったりするし、序盤で嫌になる人が多いのも当然だろうと思う。
きっと、序盤の結構長めのただなんとなく仕訳している期間を過ぎたらおもしろくなるんだろうけれど、財務諸表を作ることなんてなかなかないわけで、該当部署以外の社会人がそこまで頑張る必要がない。

個人的には財務諸表を読む力の方が重要視されるのが普通なのでは?と思ってしまうんだが、そうでもないのだろうか。

とにかく、財務諸表・簿記の理屈を説明してくれている本を読んでみようと思った。

つーわけで『世界のエリートがやっている会計の新しい教科書』を読んだ。
世界のエリートがやっている 会計の新しい教科書世界のエリートがやっている 会計の新しい教科書
吉成 英紀

日本経済新聞出版社 2014-08-21
売り上げランキング : 9929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

優秀な日本のビジネスマンが会計が苦手なのは、世界的にみて日本の会計教育が遅れているからである。きちっと論理的に教えよう・・・という本。



続きを読む

思考パターンを知ってうまく立ち回れ!『人を見抜く!血液型の本』1

『ニセ心理学にだまされるな!』の中で完全にニセ心理学扱いされていた血液型性格診断だが、
血液型診断がこれだけ普及しているということは、何かあるのかもしれない。
一応、血液型診断を説く書籍も読んでおこうと思った。


というよりも、血液型トークをうまく使いこなして、人とコミュニケーションをとることを考えると、血液型ステレオタイプも知っていた方がいいのは明白。

今後、社会的外向性が高く、人との交際を好む人になるために。
明るく楽しく、「B型ってストレスに弱くて、好きな人とだけ付き合うんだよねー」と言っている自分は、どうやっても想像できないのが残念なところだが。


つーわけで『人を見抜く!血液型の本』を読んだ。
人を見抜く! 血液型の本
人を見抜く! 血液型の本長田 時彦

PHP研究所 2010-10-23
売り上げランキング : 1045632


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

各血液型の思考パターンを紹介しよう・・・という本。



続きを読む

「何型?A型!じゃあ心配性なんだね!」と言ってくる奴は人づき合いがうまい。『ニセ心理学にだまされるな!』2

スポーツで野球が絶対的な存在ではなくなり、テレビも安定の共通話題ではなくなった今、
天気、出身地、そして血液型の話題の比重は高まるばかりだ。

その中でも、血液型性格診断は初期の盛り上がりテーマトークの中心といってもいいように思う。

僕自身はこういう話はすっとばして、趣味や生い立ちの話をしたいのだけれど、
複数人でのはじめましての場では、そうはいかない。
極端な話、血液型トーク、それをいかにうまく膨らますか、というのが話がうまい人とそうでない人の差ではないかとさえ思う。

血液型性格診断を信じているかどうかはともかく、仕事絡みの話が終わって、血液型の話が出てこなかったことは1度もないように思う。
僕は血液型性格診断を信じているわけはないし、その手の話題を出す人を若干小馬鹿にしていたりもしたのだが、
血液型性格診断の話を出す人は「社会的外向性」が高いらしい。

つーわけで『ニセ心理学にだまされるな!』を読んだ。
ニセ心理学にだまされるな! (Doyukan Brush Up Series)
ニセ心理学にだまされるな! (Doyukan Brush Up Series)古澤 照幸

同友館 2007-11
売り上げランキング : 208283


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

心理学に関する非科学的な情報を真剣に利用すると危険度は計りしれないのです・・・という本。



続きを読む

ドラマもおもしろかった!『信長協奏曲』4

ドラマが好きで、見られる限りドラマの第1話目を見るようにしている。

1話目がおもしろかったら、2話を見てまたおもしろかったら3話目も見て・・・という形で見ている。
ここ1年くらい最終話まで見てるドラマが多いように思う。
数年前までは「最近のドラマはつまらねえな」と言いながら、途中くらいで全部見なくなっていたので、自分の感覚が変わったんだろう。
ドラマを楽しめる余裕が出てきたのかもしれない。

今期のドラマも今のところ第一話はおもしろいものが多い。

相も変わらず小説、コミック原作の作品が多いが、コミック原作の2作品が面白い。
『信長協奏曲』と『きょうは会社休みます。』だ。

これ共に、原作がなかなかに素晴らしいのです。

つーわけで『信長協奏曲』を読んだ。
信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
石井 あゆみ

小学館 2009-11-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

歴史は絶対がないからおもしろい・・・という本。
フジテレビにて開局55周年プロジェクトとしてアニメ化もされています。フジテレビ力入ってます。


続きを読む

絶対株あがるから!は当然信じないけれど。。『株は再び急騰、国債は暴落へ』2

絶対と言う奴を信じるな。
金融機関が薦める商品を買うな。
雑誌で紹介されている銘柄を買うな。

投資方法絡みの書籍を読んでいたらよく出てくる話題トップ10には入る言葉だろう。
全部当然といえば当然だ。
絶対なんてあり得ないし、金融機関は手数料で稼いでいるし、多くの人が知った情報にたいした意味はない。
どれも少し考えればわかることだけれど、ある意味無知な人を相手にした商売で、仕方のないことかもしれない。

そして、個人的に最もよく見るのが、
少数派になれ!というものだ。
専門家が強気の人がいなくなったら買いで、弱気の人がいなくなったら売りという意味で、
「人の行く、裏に道あり花の山」なんていう格言もある。
とにかく人と同じことをしていては儲けられないよということだ。

最近、2020年に向けて大チャンスだ、投資チャンスだ、という書籍が出版されにされている。
その中には、少数派になれ!と主張していた専門家もいるはずだ。

まあ、ここまで政府が株高にもっていこうとしていれば当然のような気もしてしまうが、ちょっと待てよというのが、少数派を行くということなんだろう。
そう思いながらも手に取ってしまう、大チャンスだよ本。

つーわけで『株は再び急騰、国債は暴落へ』を読んだ。
株は再び急騰、国債は暴落へ株は再び急騰、国債は暴落へ
朝倉 慶

幻冬舎 2014-07-24
売り上げランキング : 65053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

来るべきインフレに備えて投資を行うべき・・・という本。



続きを読む
鉄板本!!
satoshiの本棚2011
コミックニュース
メールフォーム
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
人気ブログをチェック
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ