7月で終えるはずが、8月も旅行三昧だった。
この感じだと9月もふらふらしてしまいそうだなあ。

それでも1日1冊は読む生活は維持。

8月にブログに載せていなくて読書メーターに感想書いたもののまとめ。

この中で一番気になったのは『過労自殺』
過労自殺 第二版 (岩波新書)
過労自殺 第二版 (岩波新書)川人 博

岩波書店 2014-07-19
売り上げランキング : 84383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
心の病が職場を潰す (新潮新書 588) 医療の選択 (岩波新書) 集団的自衛権と安全保障 (岩波新書) アベノミクスの終焉 (岩波新書) 食と農でつなぐ――福島から (岩波新書)

第1章で実際にあった事例「願うことはただ一つ。5時間以上寝たい」から始まり、2章以降で過労自殺の原因等の検証をする構成が読ませる。
今も毎年3万人近い人が過労自殺していて、それは年代関係なく20〜50代まで万遍なくいるという事実。
過労自殺者の遺書に会社に対するお詫びの言葉があることなどびっくりすることがたくさんあった。
もう、逃げても誰も文句いわねえよ、という事例もいっぱいあって、真面目な人が多いんだなあと他人事で考える自分と、過労自殺でなくなった多くの被災者が、死亡前の段階で退職の意思を上司に申し出ているという事実に腹が立って仕方がなかった。

続きを読む