読書メーターに登録していて、数人の感想をいつも読んでいる。
『書店主フィクリーのものがたり』のレビューに、
「きみは、ある人物のすべてを知るための質問を知っているね。あなたのいちばん好きな本はなんですか?」という一文があったことを書いている人がいた。

「あなたの好きな本はなんですか?」

確かに下手に答えられない質問だ。
センスねぇなあ、読解力ねぇなあと思われる可能性を考えると、怖くて何も言えなくなる。


『TOKYO GRAFFITI4月号』の特集が、
「女子クリエイターが強烈に影響を受けた本・映画・音楽」だった。
本に映画と音楽まで足して、しかも”強烈”にという文句もついた、もはや、「あなたはセンスいいの?」という身も蓋もない質問を、センスで成立しているような職業の人に聞いてやろうというめちゃくちゃな特集といってもいいだろう。

Tokyo graffiti(トウキョウグラフィティ) 2016年 04 月号 #137 [雑誌]

自分がもし答える側のクリエーターだと想像したら、身震いする。
大衆に受けているものを取り上げたら、つまんねー奴、こんなんに影響受けるのって薄っぺらいヤツって思われそうだし、
かといってマイナーなところ選ぶと狙った奴、ツウぶってると思われそうだし、
大槻ケンヂとかみうらじゅんとか選ぶとサブカルかぶれと思われそうだし…
ああああぁあああああ。

この超難問に、デザイナーや美術家、女優、歌手などが挑んだ特集。
読んでみたい本や観たい映画がたくさんあったけれど、この手の特集はどうしても答えている人に興味がわく。
『ご近所物語』を挙げる女優の青柳文子さん、
『ミッシェル・ガン・エレファント』を挙げるデザイナーの瀬戸あゆみさん、
『芸人前夜』を挙げる総合エンターテイメント施設?の水野しずさん、
『筋肉少女帯』を挙げる現代のナードガール?緑川百々子さん、
『蒼井優の写真集』を挙げて、明日からも生きていこうという気持ちになるという感想を寄せる、シンガー柴田聡子さん
等々。
興味が湧いた人たくさんだった。

芸術感覚ゼロの自分は知らない人ばっかりだったのだが、唯一知っていたのが、
ライター小明さん。
就職してすぐ、だだっぴろい部屋に移り住んで、家具家電も何もなくてパソコン一つの部屋で、『Gyaoジョッキー』を見ていた。その時に番組をやっていたのが小明さんだった。
番組の内容は覚えてないんだけど、きれいでおもしろくて、悲観的ということだけ覚えていた。
当雑誌でも、業田良家『自虐の詩』を挙げていて、「いいねえ、一貫してるねえ」とうれしくなった。

でも、人物紹介の肩書が”母になったゾンビアイドル”。
母?ゾンビアイドル?

つーわけで『アイドル脱落日記』を読んだ。
アイドル脱落日記 ~ウェディング オブ ザ デッド~アイドル脱落日記 ~ウェディング オブ ザ デッド~
小明

講談社 2015-12-08
売り上げランキング : 48173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゾンビアイドルとして話題という小明によるエッセイを堪能せよ・・・という本。



ちなみに僕が最も影響を受けた本は『聖の青春』なんですが、映画化が決まって、これからこの本を挙げたら、「映画化されたから読んだんだーミーハーな奴」って思われそうで言いにくくなりましたとさ。
続きを読む