ビットコインに興味を持って、5冊くらい読んでみた。

個人的な結論としては、完全にゼロになってもいい資金以外では投資しない方がいいかなと。

なんだろう、仮想通貨が世に普及する形が全く見えないんだよね。

まず、仮想通貨が普及するかどうかはビットコインに絞って考えればいいと思う。
仮想通貨市場でビットコインがダントツであることからビットコイン以外がこの先残ることはまずなさそう。リップルやイーサリアムといったビットコインと違う要素があったとしても、一般に認められることが重要な中では仮想通貨とくくられるとやはり将来的に残るのはビットコインだけかなと。

んで、そのビットコイン。
国民の10%使うようになってから価値が急速に高まるということだけれど、10%が使うようになるには実店舗での使えるようになることが必須。
そう考えた時に店舗側、購入者側のメリットがあんまり見えないんだよね。

店舗側のメリットとしては、世界中の人が使えるので旅行客が使ってくれること、クレジットカードでの支払いより手数料が少なくて済むっていうのがあるんだろうけれど、でも会計上得するかどうかが見えなさすぎる。ビットコイン決済を導入している店舗はどうしているんだろうかがわからんのよね。
現状最終的には円にかえるわけだから、物を売った時とビットコインを円に変えた時の差額をどう処理するんかがわからん。こんなに乱高下してたら差損益けっこうなことにならんかな。そこが解消されれば一気に普及するとは思うけれど、これ解消できるのかなと。
普及して実店舗で使えるようになったとしても、その段階でもよほどのことがない限り円は残っているとすると、日本人の消費者があえてビットコインでの支払いを国内でする意味があんまりないので、結局は旅行者対象になる気がするんだよなあ。クレジットカードやデビットカードでの支払いよりも得になる状態なんてはたしてあるのだろうかと。

まあ詳しい人に言わせればいろいろあるんだろうけれど、ちょっとそこまでの普及は見えづらいかな。


投資対象としてもちょっとわからんことが多すぎるように思う。
『ビットコインは「金貨」になる』という本は、『多くの日本人は、「ビットコインなど、投機商品で胡散臭い」「扱っている会社は、いつ倒産するかもわからない」と思い込んでいる。私はこの思い込みを、徹底的に打ち壊すためにこの本を書いた。』
という刺激的な言葉で始まり、金に対して価値が下がり続けている円が信用できないということが書かれていて、発行上限が決められているビットコインは金と同じであるとしているけれど、なら金でいいじゃんと思ってしまうんだよね。

『クリプト・カレンシーは、ビットコインも含めて、すべてはコンピューター上で流通する、デジタル通貨である。だからハッカーに襲われると、すべてを失ってしまう危険がある。だから危険を感じる人もいるのだろうが、結局は紙幣でも同じである。火事に遭ったり、落としたり、水に濡れたり、トイレに流してしまったり、財布をどこかに忘れたり、財布をすられたりしても同じことが起こるだろう。(P92)』
これにもどことなく納得できない。それは自分が新しいことを受け入れる柔軟な思考ができないからなんだろうけれど、どうもピンとこないんだよなあ。

ひとまず俺としては、一旦、数万だけ買っておいてひとまずもう少し様子を見るという結論に。

そもそも、ビットコインすげーぞ本が多すぎるように思った。フラットに語られている本を探してみた。
つーわけで『新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本』を読んだ。
新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本
財団法人 仮想通貨総研 塙亮太 西泰弘 佐野稔 木下裕司

秀和システム 2014-11-28
売り上げランキング : 167197

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ビットコインのことをフラットに語ってみましょう…という本。
2014年出版の書籍であるので、少し前ではあるのだが、それまでのビットコインの歴史を含めあまり深追いせず、でも必要なことはしっかりと著されている一冊。




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


続きを読む