新年。

ついに31歳になってしまった。
中学生のころ、30歳の自分はきっとだらだら好きなことやって過ごしてるんだろうなあと思っていた。
大学生のころ、30歳の自分はきっとほげーと本読んで映画観て旅行してだらだら過ごしてるんだろうなあと思っていた。
社会人になって数年のころ、30歳の自分はきっとなんとなく本読んで旅行してだらだら過ごしてるんだろうなあと思っていた。

そしてその通りにだらだら本を読んで旅行する毎日を送っている。
願えば叶うってやつだ。

ただ、好きなことをだらだらやるには金が要るんだよね、という当たり前のことを忘れていたようだ。
想像力欠如だ。
40歳の自分もだらだらと本を読んで旅行していたらいいな、と思っている。出来れば金のことを考えないでそういう生活をしていたいなと。
金のことを考え出しただけちょっと成長したとしておこう。


更新を忘れていたので、ひとまず読書メーターに書いている感想のまとめ載せてみる。

12月はビジネス書でいい本が2冊あった。いい本というより、自分がしたいことをやっている人がいるなあという感想を持てた、いわゆる超うらやましい、と思えた本。
『世界一ふざけた夢の叶え方』
世界一ふざけた夢の叶え方世界一ふざけた夢の叶え方
ひすい こたろう 菅野 一勢 柳田 厚志

フォレスト出版 2014-08-08
売り上げランキング : 2385

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大人になってから出会った3人が、夢を語り合い、その進捗を確認し、経験を共有し、やりたかったことを達成するまでの話。
けっして文章が素晴らしいということはないのだが、昔からこういうことがやりたかった。
社会人になってから何かを達成しようと思った時に、一人でそこまで到達するのは非常に難しい。
同じ熱をもった仲間が必要だ。
最近はアフィリエイトでもオリジナルでSNSを作って情報&経験共有をしている例が多く、一人で昇っていくというより、みんなで昇っていくという形を取っているものが多い。
結局やるのは自分なんだけど、経験を共有し、複数人分の人生を生きてしまうというチームが必要だろうなと。
うらやまし。
自分も何度もこの手のチームを作ろうとしたんだけど、本当に熱を持つ人っていうのはすごく少なくて、そして自分の能力が現段階で低すぎて相手が欲しいものをあたえられなくてうまくいかないことが多かった。早急に再度チーム結成しようかな。


もう1冊は『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと 』
自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)
四角大輔

サンクチュアリ出版 2012-07-12
売り上げランキング : 2643

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読書メーターの感想にも書いたけれど、とにかくサンクチュアリ出版っぽい本。
そしてこういうの好き。
人生に必要なものは実はすんごく少ない。でも、生きていくうちに余分なものをいっぱい持ってしまう。
それはモノであり、ヒトであり、思考であり。
そういうのもう一度本当に必要かどうか考えてみて、不要だったら思い切って捨てちゃおうよと。
結局は、ビジネス書的には『ワンシング』の考え方に近くて、一つのことに集中するには他のモノを排除しないとできないよね、と。ちなみに生活書的には『人生がときめく片づけの魔法』に近く、自分が本当にわくわくするものだけを買おう、手元におこうね、と。
今使わないモノを捨て、小銭入れを捨て、ポイントカードを捨て、いいものは人にあげて、最低限の服だけ持って、先送り願望を捨て、他人の常識を捨て・・・。
自分は20代の気持ちで生きています!という3、40代の人にも参考になるところはあるはず。


2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:31冊
読んだページ数:6108ページ
ナイス数:92ナイス

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと (Sanctuary books)感想
どこでも1ページ読めばサンクチュアリ出版だとわかるような、まあ表紙だけでもわかるけれど、そういう本。
ただ、好きに生きちゃえばいいじゃん?放浪しちゃえばいいじゃん?っていう投げやり無責任な本ではないのがすごくいい。
自分の必要最低限を知ること、自分がしたいことを知ることがいかに素敵であるかを確認するのに絶好の作品になっている。
『捨てて後悔したものはほとんどない。
人は、本当に大切なモノは絶対に捨てない。
すべてを捨てたつもりでも残るモノがある。
それを一番大切にして生きるべきなんだ。(P198)』

読了日:12月31日 著者:四角大輔
世界一ふざけた夢の叶え方世界一ふざけた夢の叶え方感想
同じくらい熱い人が近くにいて、その人たちと夢を語り合って、肯定し合っていたらみんな目標を1年で叶えていたんだよ、という本。
自分の夢を語り、進捗を報告しあえる仲間がいかに重要かということがよくわかる。
会社・上司の愚痴をいいながら飲んでる場合じゃねえよと。
読了日:12月30日 著者:ひすいこたろう,菅野一勢,柳田厚志
徹底鑑賞‼ 100回『となりのトトロ』を見ても飽きない人のために徹底鑑賞‼ 100回『となりのトトロ』を見ても飽きない人のために感想
トトロをカットごとに監督のインタビューが載った雑誌を紹介しつつ考察していくトトロ愛全開の本。
トトロ好きの私としてはたまらない。子どもの言うことを少しも否定しないあんな父親になりたい。本編前の最初の場面に「歩くことの喜び」が強調されているなどそうくるかっていう考察がおもしろかった。
『何度繰り返し見ても、色あせることなく、これは正真正銘、人類永遠の宝だ、と感じるのです。(はじめに)』
読了日:12月29日 著者:細江光
100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート感想
計画、目標、習慣にしたいこと、思いつきや真似したいことをリスト化して、日々目を通しチェック&確認していきましょうというもの。
著者自身のリストと著者経営の店で使用しているリストが載っているが、こういうのは公開したり、他人と共有したりと他の人の目を意識してしまうと、きれいなもの、具体性のないものになってしまって、価値のないものになってしまう、というのがすごくわかる。
『値段を見て、ものの価値を判断する癖をつけてはいけません。(P117)』
読了日:12月28日 著者:松浦弥太郎
電卓パーフェクト活用マニュアル電卓パーフェクト活用マニュアル感想
電卓を使う人は一度基本的な項目をさらっておくと、その後の効率が非常に上がる。
その基本的な項目を学ぶのに、ネット上のもろもろより本書の方が優れていると思うところはあまりないが、練習問題がのっていて、実際にやりながら読み進められるため、習得は早いと思われる。
読了日:12月27日 著者:平山紀美子
人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない  ―元気良く死に飛び込むための生き方指南人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない ―元気良く死に飛び込むための生き方指南感想
医学博士の帯津良一さんと断捨離のやましたひでこさんの対談本。
まとまりがなく、片方の主張が強くなるという対談本によくあるかたちになっている。
とにもかくにも、快適に生きるためには捨てる、放出することが大事であり、そのためにもときめきが大事だと。老子48章を読みたくなる。
『ときめきとは内なる生命場の小爆発です。小爆発によって生命エネルギーが体外に溢れ出ます。(P205)』

読了日:12月27日 著者:帯津良一,やましたひでこ
この世でいちばん大事な「カネ」の話(新装版)この世でいちばん大事な「カネ」の話(新装版)感想
漫画家西原理恵子がお金について、働くことについて、自分の半生を軸に語ってみたという本。
高校生に読んでほしい本ベスト3に入る。
子ども向け(使われている漢字からして小中学生?)に書かれているが、大人が読んでも得るものは多いと思う。でも、ひらがなと句点が多いので読み進めることがちょっと苦痛かもしれない。
働くことが生きることっていうのは個人的には違うとは思いつつも、久々にいい本を読んだ。
『働いていれば、人間、そんなにものごとを悪く考えたりはしないものよ。(P118)』
読了日:12月26日 著者:西原理恵子
3日でわかる確率・統計 (知性のBasicシリーズ)3日でわかる確率・統計 (知性のBasicシリーズ)感想
あまり数学を使わないようにしたという本書も、数式いっぱいで、確率&統計の説明には数式が必須ということが強く分かる。
説明そのものは非常にわかりやすく、数式嫌いの人も読みやすい。
読了日:12月25日 著者:小林道正
場所はいつも旅先だった (P‐Vine BOOKs)場所はいつも旅先だった (P‐Vine BOOKs)感想
松浦弥太郎氏の自伝的小説。
旅の素晴らしさを堪能できる。
とはいえ、自分にはこんな素敵な旅はできないという自己嫌悪も半端ない(笑)
『旅の愉しみはその土地のご馳走である。それが連日裏切られること程、哀しいものはない。(P28)』
読了日:12月24日 著者:松浦弥太郎
羽生善治全局集 ~デビューから竜王獲得まで~羽生善治全局集 ~デビューから竜王獲得まで~感想
プロ将棋棋士羽生さんのデビューから平成元年までの棋譜一覧。
本当に幅広い戦型を指しこなす天才なんだと改めて。
好きな言葉は「玲瓏」とのこと。
読了日:12月23日 著者:
(048)「本」と生きる (ポプラ新書)(048)「本」と生きる (ポプラ新書)感想
童話作家である著者がまさかまさかで政治家になり、子どもの読書習慣をつくるために司書教諭の配置義務を盛り込んだ学校図書館法改正案に光をあてよう、とする過程の話を軸に読書の現状を・・という本。
読書人口が減っても別にいいし、好きな人が好きな媒体を通して活字読んでりゃいいんじゃないかなと個人的には思っていて、変に子どもに読書を薦める大人が増えない方が逆に子どもは読書するんじゃないかなと思うだけどなあ。
読書の魅力はほっといても伝わるよっていうスタンスでもいいのになあ。


読了日:12月22日 著者:肥田美代子
「うまくいかないあの人」とみるみる人間関係がよくなる本「うまくいかないあの人」とみるみる人間関係がよくなる本感想
外的コントロール心理学をやめ、今日からは選択理論心理学に基づいて行動しましょう、という本。
選択理論とはすべての行動は本人の選択と考え、相手が自分にどんな言動をしようとも、それによって落ち込んだり、諦めたりする行動は自分で選択しているとするもの。
『不幸な人はすべて同じ課題を抱えているということが明らかになった。仲良くしたいと思っている人と仲良くできないのだ』

読了日:12月21日 著者:青木仁志
ダ・ヴィンチ 2015年 01月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2015年 01月号 [雑誌]感想
例年通り年間のランキング。
何はともあれ蒼井優の言葉がかっこよすぎ。
『「10代の私は、(略)たぶんできないだろうなと思うことはやらなかった。できないと知りたくないから。でもそれは人生の無駄づかいという気がして、生まれてきたからにはできるかできないか、ちゃんとわかってから死にたい。』
ああ、挑戦しよう。
読了日:12月20日 著者:
BRUTUS (ブルータス) 2015年 1/15号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2015年 1/15号 [雑誌]感想
特集は読書入門。内容はともかくBRUTUSはいつも表紙が素敵。
伊坂幸太郎さんのターニングポイントブックであがっていた佐藤哲也さんの本を読んだことがなかったので、読んでみよう。
読了日:12月19日 著者:
キネマ旬報 2014年12月下旬号 No.1678キネマ旬報 2014年12月下旬号 No.1678感想
北川れい子氏はじめ辛口映画評がたまらない。
褒めちぎった映画評だけにならないでほしいなあ。
読了日:12月18日 著者:
「イラッとくる」の構造 (ベスト新書)「イラッとくる」の構造 (ベスト新書)感想
怒りをコントロールできれば人生が変わるということを軸に、いらっとくるを考えようということ。
『全国のJR、私鉄、地下鉄の駅員や乗務員など鉄道職員に対する乗客による暴力の件数は、平成23年度に900件を越えました。(P5)』とイラッとする人が増えている模様。仕事が大変な人が増えてるだけな気もするなあ。
読了日:12月17日 著者:榎本博明
単身赴任のすすめ (幻冬舎ルネッサンス新書)単身赴任のすすめ (幻冬舎ルネッサンス新書)感想
大家さん宅にあったので読んでみた。
単身赴任生活でのあれこれがメインなんだが、これ1人暮らししたことのある人にとってはなんてことない話ばかり。4.50代の人は1人暮らしをしたことなく結婚し家庭を持った人が多いんだろうなあと。
でも、確かに40代とかになって初めて一人暮らしする人には何かしら手引きが必要なのかもしれない。その世代の人向けの一冊。
『単身赴任生活で、寝込むほどの風邪をひいてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。(P30)』みたいな大人ならそれくらい・・・というところまで解説されています。
読了日:12月16日 著者:竹村哲治
図書館奇譚図書館奇譚感想
この本が世界中で絵本にしたいとひっぱりだこっていうのは個人的にはよくわからないが、『図書館はしんとしていは。本が音をすべて吸い取ってしまうのだ。(P7)』には惹きこまれる。
本書は1982年のオリジナルから数えてヴァージョン4とのこと。
読了日:12月15日 著者:村上春樹
孫子 戦争の技術(日経BPクラシックス)孫子 戦争の技術(日経BPクラシックス)感想
孫子に関して特に何の知識も持ち合わせていなかったが、非常に読みやすかった。
「孫子呉起列伝」の孫子の経歴がかっこよすぎ。
『『孫子』は最も古い戦争論として知られていて、その総合的な見方や理解の深さでこれを凌駕する著作は今日に至るまで現れていない。(P7)』
読了日:12月14日 著者:サミュエル・ブレア・グリフィス
遭難、遭難、感想
戯曲。
一言目からぶっ飛んでいる。そして惹きこまれてしまう。
性格が悪い女の人が書きたかったという著者の思いは存分に伝わった。
『私から原因取らないで・・・・・・!(P148)』
読了日:12月13日 著者:本谷有希子
幸せ最高ありがとうマジで!幸せ最高ありがとうマジで!感想
戯曲。最初に読んだのはいつだっただろうか。
相変わらずぶっ飛んでいて、本谷感全開。
個人的には天才エッセイストだと思っていますが。
『「こちゃこちゃこちゃこちゃしてるのがやなの!ねえ、一緒にしないで。私、病んでるけど元気なのよ。最先端なの。切ったり鬱になったりなんかしないし、明るい人格障害なのよ」(P32)』
読了日:12月12日 著者:本谷有希子
黒リッチってなんですか?―日本のニューリッチ「富裕四族」を徹底研究黒リッチってなんですか?―日本のニューリッチ「富裕四族」を徹底研究感想
富裕層をタイプ別に4つに分類し、それぞれに属するリッチな方へのインタビュー集。
なぜ自分がこれを買ったのか覚えていないが、どういう層に向けて著された書籍なのかが最後まで謎だった。
一問一答の問いは全員に対して同じものでないとなんの面白味もないと思う。
読了日:12月11日 著者:博報堂お金持ち勉強会,山本貴代,冨永直基,原田曜平,五百田達成
マンガでわかる統計学マンガでわかる統計学感想
すごくわかりやすい。
最後に載っているExcelでの計算手順が非常に簡易化されていてとても便利。
読了日:12月10日 著者:高橋信,トレンドプロ
2020年に大差がつく長期投資2020年に大差がつく長期投資感想
長期の株式投資が一番安全なのになんでやらないの?という本。
預貯金が目減りすることが明白なんだから、株式投資しましょう、その際には目先の相場を意識せずに、自分の思い描く社会と同じ社会を実現しようとしている企業を見つけてその企業を応援しようというもの。納得。
『大事なのは、「とにかく経済の現場へお金をまわしてやるのだ」「どうせお金をまわしてやるのなら、株価暴落時など皆が売り逃げに走って経済の現場からお金がどんどん吸い上げられている時の方が価値があるはず」と考え、実行することだ。(P156)』
読了日:12月9日 著者:澤上篤人
不採用語辞典不採用語辞典感想
辞書に載せようと思ったけど、最終的には載らなかった言葉と、それが使われている例文の紹介。
当然辞書に載っているだろうと思っていた言葉が載っていなかったり、全く知らない言葉があったりと愉しみ方はいろいろありそう。
感情労働っていう言葉はけっこう他の本でも目にする気がするけどなあ。
『このことばが載らなかったのは、報道される量が圧倒的に少なかったからです。2013年の1年間で、全国紙に出た「感情労働」の記事はわずか3件でした。(P181)』
読了日:12月7日 著者:飯間浩明
「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記感想
人気ブロガーのブログ運営記。
著者の書籍としては得るものは少ないが、ブログをしっかり運営したいという人には役にたつのかも。
後半はブログを転載。
はてなのブログサービスを選んだのがURLが日付であるというのが面白かった。そんなこと考えたこともなかったけれど、確かにすごく便利だなあ。
『「成長したければ変化しろ。何かひとつでいいから、昨日と変えろ」(P167)』
読了日:12月6日 著者:ちきりん
はだかの王様 億万長者がすべて失ってわかった絶対にやってはいけない42のこと (角川フォレスタ)はだかの王様 億万長者がすべて失ってわかった絶対にやってはいけない42のこと (角川フォレスタ)感想
与沢翼氏が2度失敗して気付いたやってはいけないこと集。
財務管理を他人任せにしてはいけない、美人秘書をおいてはいけないなど自身がやって失敗の原因となってしまったことを綴っている。
成功者は他人のSNSなど見ていないから、人間関係を築くツールとしてSNSを重要視してはいけないという話はあたりまえなれど、この人がいうと重い。他にもこの人が言うと・・というのが多い。
『本当に好きな人は、「どこが好きか」を説明できない。(P94)』
読了日:12月5日 著者:与沢翼
幸福論   あなたを幸せにする93のストーリー幸福論 あなたを幸せにする93のストーリー感想
非常に読みやすい訳の、アラン幸福論。
すべては求めなければ得られない。お金も、健康も社会的な成功も、そして幸せも。人が幸せになるには意志の力が必要とのこと。
『多くの人は、お金を欲しがるのはお金が必要だからだと考えます。でもお金は、必要だからという理由で近づいてくる人からは逃げ出します。実際に財産を築いた人は、必要だからではなく、どんな機会にも儲けることだけを考えてきたのです。(P111)』
読了日:12月4日 著者:アラン
はじめてでもスラスラわかる 3色ペンで読む決算書はじめてでもスラスラわかる 3色ペンで読む決算書感想
B/Sの資産、負債、純資産を色分けして読み解いていこうという本。
正直既存の種々の決算書を簡単に読もう本とどこが違うのかがわからなかったが、説明文が非常に平易で、全くわかりませんという人にはよさそう。
読了日:12月3日 著者:吉田勧司
会社の悩みは、運動会で解決しよう!会社の悩みは、運動会で解決しよう!感想
社内スポーツ・運動会をすると、社員のモチベーションが向上し、コミュニケーション不足の解消、チームワークの醸成、離職率低下、新卒採用の人気向上などなどメリットいっぱいですよという本。
新卒採用の人気向上ってほんとなのだろうか?自分だったら絶対に働きたくなくなるんだが。。体育会系のノリの人にはいいのかもしれないが、個人的には経営者が従業員のためにやってやっているんだという満足感を得るためのモノとしか思えなかった。
運動会当日が出勤日なのか休日なのかが気になってしまう自分はダメな奴です(笑)
読了日:12月2日 著者:米司隆明
"とびきりやさしい"ビジネス統計入門 (B&Tブックス)"とびきりやさしい"ビジネス統計入門 (B&Tブックス)感想
Excelを使った、実務で使える統計を教えようという本。 Excelにある程度触れていることを前提としているが、確かにとびきりやさしく、わかりやすかった。 読んでいる間に、これは実務にこう使えるなと思いながら読み進めることができる。個人的には説明の文章文体が好きになれないが、わかりやすいのは事実。 『統計はビジネスマンの基礎教養となりつつある。美維持ネスマンの基礎教養とは、これまで「英語」「パソコン」といわれていた。それに「統計」が加わる。(P28)』
読了日:12月1日 著者:坂口孝則

読書メーター