超乱読!

精読が大事、読んだことを実行しないと意味がない・・ごもっともですが、そんなことよりひとまず読むのが好きなんです。

ビジネス書

ビットコインのことを知るならこの1冊!『新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本』

ビットコインに興味を持って、5冊くらい読んでみた。

個人的な結論としては、完全にゼロになってもいい資金以外では投資しない方がいいかなと。

なんだろう、仮想通貨が世に普及する形が全く見えないんだよね。

まず、仮想通貨が普及するかどうかはビットコインに絞って考えればいいと思う。
仮想通貨市場でビットコインがダントツであることからビットコイン以外がこの先残ることはまずなさそう。リップルやイーサリアムといったビットコインと違う要素があったとしても、一般に認められることが重要な中では仮想通貨とくくられるとやはり将来的に残るのはビットコインだけかなと。

んで、そのビットコイン。
国民の10%使うようになってから価値が急速に高まるということだけれど、10%が使うようになるには実店舗での使えるようになることが必須。
そう考えた時に店舗側、購入者側のメリットがあんまり見えないんだよね。

店舗側のメリットとしては、世界中の人が使えるので旅行客が使ってくれること、クレジットカードでの支払いより手数料が少なくて済むっていうのがあるんだろうけれど、でも会計上得するかどうかが見えなさすぎる。ビットコイン決済を導入している店舗はどうしているんだろうかがわからんのよね。
現状最終的には円にかえるわけだから、物を売った時とビットコインを円に変えた時の差額をどう処理するんかがわからん。こんなに乱高下してたら差損益けっこうなことにならんかな。そこが解消されれば一気に普及するとは思うけれど、これ解消できるのかなと。
普及して実店舗で使えるようになったとしても、その段階でもよほどのことがない限り円は残っているとすると、日本人の消費者があえてビットコインでの支払いを国内でする意味があんまりないので、結局は旅行者対象になる気がするんだよなあ。クレジットカードやデビットカードでの支払いよりも得になる状態なんてはたしてあるのだろうかと。

まあ詳しい人に言わせればいろいろあるんだろうけれど、ちょっとそこまでの普及は見えづらいかな。


投資対象としてもちょっとわからんことが多すぎるように思う。
『ビットコインは「金貨」になる』という本は、『多くの日本人は、「ビットコインなど、投機商品で胡散臭い」「扱っている会社は、いつ倒産するかもわからない」と思い込んでいる。私はこの思い込みを、徹底的に打ち壊すためにこの本を書いた。』
という刺激的な言葉で始まり、金に対して価値が下がり続けている円が信用できないということが書かれていて、発行上限が決められているビットコインは金と同じであるとしているけれど、なら金でいいじゃんと思ってしまうんだよね。

『クリプト・カレンシーは、ビットコインも含めて、すべてはコンピューター上で流通する、デジタル通貨である。だからハッカーに襲われると、すべてを失ってしまう危険がある。だから危険を感じる人もいるのだろうが、結局は紙幣でも同じである。火事に遭ったり、落としたり、水に濡れたり、トイレに流してしまったり、財布をどこかに忘れたり、財布をすられたりしても同じことが起こるだろう。(P92)』
これにもどことなく納得できない。それは自分が新しいことを受け入れる柔軟な思考ができないからなんだろうけれど、どうもピンとこないんだよなあ。

ひとまず俺としては、一旦、数万だけ買っておいてひとまずもう少し様子を見るという結論に。

そもそも、ビットコインすげーぞ本が多すぎるように思った。フラットに語られている本を探してみた。
つーわけで『新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本』を読んだ。
新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本新聞が報じない仮想通貨のホントの正体がわかる本
財団法人 仮想通貨総研 塙亮太 西泰弘 佐野稔 木下裕司

秀和システム 2014-11-28
売り上げランキング : 167197

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ビットコインのことをフラットに語ってみましょう…という本。
2014年出版の書籍であるので、少し前ではあるのだが、それまでのビットコインの歴史を含めあまり深追いせず、でも必要なことはしっかりと著されている一冊。




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


続きを読む

ビットコイン買うなら今しかない!?ビットコイン投資やってみる?『はじめてのビットコイン投資』

ポイントサイトのポイントタウンを使っている。

何かネット購入する際に、ポイントサイトを経由すると二重でポイント獲得できるので、一応登録している。
ポイントポイントってなんかせこい奴だなと思いつつも、毎月2回は行く旅行の高速バス予約をしたりすると、結構すぐにポイントがたまることに気づいてからはずっと使っている。


先日、ポイントタウンでポイントがある程度貯まったので、今まで通り現金に交換するかと思ってページを開いたら、ビットコインへの交換ができるようになっていた。

前々から興味はあったものの、何がなんだかようわからん、なんとなく怪しいという思いしかなかったが、現金に交換しても1000円だったので、ビットコインに交換してみた。

この際だからちょっとどんなもんなのか、知ってみようかなと。最近価格上昇の記事をよく目にするし、どうせならビットコイン投資に関わる本がいいかなと思い書店で目についた2冊を買ってみた。

つーわけで『はじめてのビットコイン投資基礎知識から儲け方までいっきにわかる本』を読んだ。
はじめてのビットコイン投資
はじめてのビットコイン投資小田 玄紀

洋泉社 2017-05-26
売り上げランキング : 105248


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ビットコイン投資するなら今だよ?やり方教えるよ?・・・という本。




bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で続きを読む

簿記挫折組は必読!『世界のエリートがやっている会計の新しい教科書』4

簿記検定がこれだけメジャーな意味がわからない。
仕訳だったり、財務諸表作成だったりっていうのを日常業務で使っている人ってかなり少ないように思うし、簿記検定を取ったとしても、2、3級あたりでは財務諸表を読む力はそんなにつかないように感じる。
受験者数が多い割には、検定用の参考書を見てみるとすぐに仕訳の説明に入っていて、ひとまずやってみろ方式だったりするし、序盤で嫌になる人が多いのも当然だろうと思う。
きっと、序盤の結構長めのただなんとなく仕訳している期間を過ぎたらおもしろくなるんだろうけれど、財務諸表を作ることなんてなかなかないわけで、該当部署以外の社会人がそこまで頑張る必要がない。

個人的には財務諸表を読む力の方が重要視されるのが普通なのでは?と思ってしまうんだが、そうでもないのだろうか。

とにかく、財務諸表・簿記の理屈を説明してくれている本を読んでみようと思った。

つーわけで『世界のエリートがやっている会計の新しい教科書』を読んだ。
世界のエリートがやっている 会計の新しい教科書世界のエリートがやっている 会計の新しい教科書
吉成 英紀

日本経済新聞出版社 2014-08-21
売り上げランキング : 9929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

優秀な日本のビジネスマンが会計が苦手なのは、世界的にみて日本の会計教育が遅れているからである。きちっと論理的に教えよう・・・という本。



続きを読む

絶対株あがるから!は当然信じないけれど。。『株は再び急騰、国債は暴落へ』2

絶対と言う奴を信じるな。
金融機関が薦める商品を買うな。
雑誌で紹介されている銘柄を買うな。

投資方法絡みの書籍を読んでいたらよく出てくる話題トップ10には入る言葉だろう。
全部当然といえば当然だ。
絶対なんてあり得ないし、金融機関は手数料で稼いでいるし、多くの人が知った情報にたいした意味はない。
どれも少し考えればわかることだけれど、ある意味無知な人を相手にした商売で、仕方のないことかもしれない。

そして、個人的に最もよく見るのが、
少数派になれ!というものだ。
専門家が強気の人がいなくなったら買いで、弱気の人がいなくなったら売りという意味で、
「人の行く、裏に道あり花の山」なんていう格言もある。
とにかく人と同じことをしていては儲けられないよということだ。

最近、2020年に向けて大チャンスだ、投資チャンスだ、という書籍が出版されにされている。
その中には、少数派になれ!と主張していた専門家もいるはずだ。

まあ、ここまで政府が株高にもっていこうとしていれば当然のような気もしてしまうが、ちょっと待てよというのが、少数派を行くということなんだろう。
そう思いながらも手に取ってしまう、大チャンスだよ本。

つーわけで『株は再び急騰、国債は暴落へ』を読んだ。
株は再び急騰、国債は暴落へ株は再び急騰、国債は暴落へ
朝倉 慶

幻冬舎 2014-07-24
売り上げランキング : 65053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

来るべきインフレに備えて投資を行うべき・・・という本。



続きを読む

試験に合格したければまずこれを読むといいかも。『合格る技術』3

勉強術と名の付く書籍は多い。

それらは、何かしらの結果を出している人、死ぬほど勉強してきた人たちが著しているわけで、
そこまで大きな違いはでないし、たとえ表面上違いがあったとしても、目指していることは一緒だったりする。

結局はその人が本気で勉強しようと思っているか、また合うか合わないかということになる。


30歳にして自分に合う勉強本を見つけたかもしれない。

つーわけで『合格る技術』を読んだ。
合格(ウカ)る技術
合格(ウカ)る技術宇都出雅巳

すばる舎 2011-02-22
売り上げランキング : 52958


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

試験に最短で合格する術を教えよう・・・という本。


続きを読む

いつでもどこでもとにかく読め!『スピード読書術』2

中学生時代に読書にハマり、高校に入ってからはもっと本が読めないかと、速読術にハマった。

その手の本を買い漁ったし、通信講座も受けた。
それによって速読できるようになった!ということはないが、それが活きてか読むのは相対的には速い方だと思う。

今は少しばかりはあるが、昔は本を読んでも覚えていないと意味がない、生活に活かさないと意味がないという考え方が全くなかったので、単純に多くの本に触れたいという思いだけだった。

今も多くの本に触れてみたい欲求は衰えていない。
もっと速く読んでみたい。できるなら覚えておければなおいい。

つーわけで『スピード読書術』を読んだ。
速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術
速読・多読でビジネス力が高まる!スピード読書術宇都出 雅巳

東洋経済新報社 2008-06-20
売り上げランキング : 43633


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

インターネット時代の今こそ読書の時代。本を最大限活用する読書術を教えよう・・・という本。



続きを読む

セールスパーソンは絶対一読。『場面で分かるセールストーク』3

今年8月くらいに単発2時間ドラマで『250億騙し取った男』という作品が放送されていた。

オレオレ詐欺集団が捕まるまでの話で、成り上がりを目指す若者がオレオレ詐欺集団を仕切るまでになって金持ちにはなるけれど、結局最後報われない上にトップは捕まらないっていう現実にあった事件に則したドラマ。
その中で電話トークでのトレーニングの場面があって、こういう風にきちんとマニュアルがあって、電話トレーニングするんだなあと思ったものだ。

僕が勤めていた会社は中小企業ということもあって、客と電話する場面は多かったけれど、特にトレーニングはなく、いつもだましだまし話していた。
電話トークがうまい人はきちんとトレーニングしてるんだろうなあ。

つーわけで『場面でわかるセールストーク』を読んだ。
場面でわかるセールストーク25の失敗と成功 [実務入門]
場面でわかるセールストーク25の失敗と成功 [実務入門]宇都出 雅巳

日本能率協会マネジメントセンター 2007-11-30
売り上げランキング : 614527


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者のこれまでの書籍『売り込まなくても売れる!実践編』 『絶妙な「聞き方」の技術』 のテクニックをセールストークの実践例としてまとめた・・・という本。



続きを読む

勉強術決定版?『速読勉強術』4

最近、取ってみようかなという資格があって、いわゆるお勉強とやらをやってみた。

そこそこの暗記と計算が必要なのだが、始めてみて驚愕した。
全く覚えられないし計算もとにかく遅い。こんなはずじゃなかった感が半端ない。

考えてみたら、覚えるという行為を大学を卒業してから6年間で一度もやっていない。
そんなに記憶力が悪いほうではなかったはずなのに・・・と思いながら勉強を進めているが、
ここいらで少し勉強術を学んでみてもいいかもしれない。

そう思って読んだのが、『合格る思考』だったわけで、それきっかけで宇都出雅巳氏の本を通しで読んでみようかなとなった。

つーわけで『速読勉強術』を読んだ。
速読勉強術
速読勉強術宇都出 雅巳

すばる舎 2007-01-15
売り上げランキング : 57747


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

宇都出氏の今のウリ?である勉強法、高速大量回転法を中心に教えよう・・・という本。



続きを読む

会議があるのは仕方がない。『あたりまえだけどなかなかできない会議のルール』2

社会人として働くようになってよく思ったのが、人は根本的には人と接することを求めてるんだろうなあ、ということ。

会議やミーティングと称して集まりたがる人が結構多いのだ。

自分が勤めた会社がそうなだけだ、と思っていたが、いろいろな会社の人と会うようになってそうではないということを知った。

何をするにしても、何を決めるにしても会議が行われて、決めることがない定期的な集まり、報告会も多い。

最初は、単に責任を分散させたり、責任の所在を曖昧にする目的で行われてるんだろうなあ、と思いながら参加していた。

が、それだけでは説明がつかない会議・ミーティングも多い。
考えるに、小学生から高校生までは必然的に毎日同じ人と顔を合わせるという生活を送ってきたからか、定期的に人と顔を合わせるという行為が染み付いてしまっているのではないだろうか。
そう考えると今の教育が行われている限り、会議というモノが減ることはなさそうだ。
逃げられないのなら少しでも有意義な時間にした方がいい。

つーわけで『あたりまえだけどなかなかできない会議のルール』を読んだ。
あたりまえだけどなかなかできない会議のルール (アスカビジネス)
あたりまえだけどなかなかできない会議のルール (アスカビジネス)宇都出 雅巳

明日香出版社 2006-11-30
売り上げランキング : 426596


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

明日香出版社の人気シリーズ、あたりまえだけどなかなかできないシリーズの1冊。会議の質をアップさせる101のルールを紹介しよう・・・という本。



続きを読む

話し方より聞き方を学べばコミュニケーションはうまくいく。『絶妙な「聞き方」の技術』4

書店にいくとコミュニケーションという言葉を冠した書籍をよく目にする。

これほどまでに重要重要と言われながら、うまい基準がはっきりしない能力というのもないのではないだろうか。

そういう意味では金になるジャンルといえるかもしれない。

最近読んだのが『世界のリーダーに学んだ 自分の考えの正しい伝え方』という本。
この本に限らず自分の考えを伝える、うまく話す系の書籍で違和感をおぼえるのは、うまく話せているか、自分の考えが正しく伝わっているかというのは、すべて相手がどう思うかで決まることなのになーというもの。
それなのに、これらの書を著している人たち、または話し方講習などの講師などは、自分は話がうまいんだよという立場にいるような気がする。
別にそれはそれでいいのだが、「私、話しうまいっす!」「みんな俺がやってる話し方参考にしてね!」っていう人がコミュニケーション上手だとはどうしても思えないんだよなあ。

そういう意味で、聴き方の技術というのは比較的好感が持てる。

会話をしている時に、会話がはずんで自分が気持ちよく話をできていて、相手も気持ちよく話をしているように見える。そういう時に、「俺の話し方がうまいんだ。話し方の技術を体系化してみよう」と思うか、「相手の聴き方うまいなー。ちょっとまとめて参考にしてみよう」と思うかの差だ。

つーわけで『絶妙な「聞き方」の技術』を読んだ。
絶妙な「聞き方」の技術 (アスカビジネス)
絶妙な「聞き方」の技術 (アスカビジネス)宇都出 雅巳

明日香出版社 2006-10-31
売り上げランキング : 61747


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらゆる人間関係は聞き方次第!聞き上手になるためのコツを教えよう・・・という本。
宇都出雅巳さん2冊目。



続きを読む
鉄板本!!
satoshiの本棚2011
コミックニュース
メールフォーム
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
人気ブログをチェック
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ