超乱読!

精読が大事、読んだことを実行しないと意味がない・・ごもっともですが、そんなことよりひとまず読むのが好きなんです。

専門書/雑学

死刑制度に賛成する前に死刑囚の主張を聞くべし!『死刑囚90人とどきますか、獄中からの声』3

死刑制度存続か廃止か。

世界的には廃止の流れにあるというが、日本は死刑制度を持っている国だ。

死刑制度の是非については全く知らないので、少し気になってWikipediaを見てみたが、
「結局のところ、死刑に犯罪に対する抑止力があるか否かが全てなのではないか」というのが薄っぺらな考え方だということがわかった。いろいろ賛否があるらしい。
日本では賛成が多いから存続しているということだが、そもそも一般人は賛否を判断できるほどに死刑制度に対しての知識を持っているのだろうかと思った。

その賛否について、そして制度について深く学ぶ気は正直ないけれど、自分が死刑囚の立場にたったら何を思うんだろうとは考えてしまう。

こういう自分がその立場だったら・・的な妄想をよくする。
最近では高校野球石川県大会決勝の星稜の9回8点差をひっくり返す試合の、逆転負けした小松大谷の投手や監督だったら・・という妄想をした。その後のインタビューで何を話すか考えてみたり。。

妄想話をこれ以上すると、気持ち悪いヤツになるので話を戻すと、自分が死刑囚になってしまったときに、何を思うか考えると、不安でたまらないだろうなとは思う。
日本では、死刑の執行の日は事前に知らされず、どのような基準で処刑の順番が決まるかも不透明だという。
死刑を宣告されているので、わざわざ自殺しようとは思わないだろうが、いつ死ぬことになるのかびくびくしてしまいそうだ。そしてその刑がえん罪だったとしたら・・・と考えることは尽きないが、冤罪で自分が犯罪者になる可能性もゼロではないことを考えると少し怖くなってくる。
実際の死刑囚の人々は何を考えて生活しているのだろう。

つーわけで『死刑囚90人 とどきますか、獄中からの声』を読んだ。
死刑囚90人 とどきますか、獄中からの声死刑囚90人 とどきますか、獄中からの声
死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90

インパクト出版会 2012-05
売り上げランキング : 326872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90という団体と参議院議員の福島みずほ氏が死刑確定者に送ったアンケートの回答集、死刑確定者が今伝えたいことに知って死刑について考えてみよう・・・という本。



続きを読む

最高級品ベジョータはどんぐりとハーブしか食さない。『イベリコ豚を買いに』3

『銀の匙』というコミックがある。


大衆向き漫画『鋼の錬金術師(ガンガンコミックス)』をヒットさせ、全く毛色の違う農業高校日常漫画『銀の匙(少年サンデーコミックス)』をも超ヒット作にしてしまう荒川弘の才能はすごすぎる、と感嘆するための漫画だ。

農業高等学校に通ったこともなければ、農業酪農に関わっている知り合いもいないので、どこまでがフィクションなのかはわからないが、農業酪農を主人公である学生の目を通じて少しのぞいている気分になれる。


「私たちは、日々、命をいただいているのです!」
と声高に主張するやつは大体ろくなやつじゃない。
お前も食べてるだけだよね?で終わりだ。
多くのことを考えて食べないという選択している人は、それを他人に強いることはしない。
環境を守れを他人に強いてくるやつに、それを結構金儲けながら都会で言う?で終わるのと一緒だ。
本当に環境のことを考えていたら、田舎でひっそり自給自足生活をするか、死ぬかしかない。

だから、食べものと命を扱う作品には「お前もなにかしら食べて生きてるじゃねーかうるせえよ!」というかえしを受けないように意識しないといけない。
『銀の匙』はユーモアをたっぷり混ぜることで、一切の押しつけがましさのない、読者が自然に命を考えるという作りになっている。
『銀の匙』を読んで、食と生命を扱った本を読んでみたいなあと思った。


つーわけで『イベリコ豚を買いに』を読んだ。
イベリコ豚を買いにイベリコ豚を買いに
野地 秩嘉

小学館 2014-03-31
売り上げランキング : 1672

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

イベリコ豚ちょっと見に行ってみようと思ったら、買うことになって、食べてみたらすげえ美味かった、買ってしまったから商品化して売ってみた・・・という話。



続きを読む

本能寺の変、光秀の動機は?『検証本能寺の変』3

本能寺の変、なぜ起きた 謎に迫る長宗我部書簡見つかる:朝日新聞デジタル

昨日の新聞朝刊に長宗我部氏の書簡が見つかったという記事があった。

浪人時代に時代小説にハマってからというもの、今も戦国時代関係の本をよく読む。
歴史絡みの書物のおもしろいところは、事実がどうかは全て謎のままというところ。

もちろん史実というものはあるものの、空想上ではどうにでもなるし、それが本当の本当に事実かどうかはわからない。

本能寺の変時、明智光秀の動機も多々の説が唱えられていて、おもしろい事件のひとつだ。
叔父が超がつくほどの明智光秀ファンで、出版されている明智光秀絡みの書籍リストをくれと言われた際に、調べるついでにいろいろと読んだが、明智光秀にハマる人が多いのも納得したものだ。

一般には怨恨説が有名だと思うが、他にも黒幕説や共犯説、これまでも有力視されていた上にさらに今回の書簡で一層最有力になると思われる四国政策をめぐる信長との対立説などがある。

どれでもいいじゃんか、というところに歴史のおもしろみがある。
おもしろいと感じるものはやはり、突き詰めるとどうでもいいじゃん、となるものだと改めて思った。

つーわけで『検証本能寺の変』を読んだ。
検証 本能寺の変 (歴史文化ライブラリー)
検証 本能寺の変 (歴史文化ライブラリー)谷口 克広

吉川弘文館 2007-04
売り上げランキング : 331960


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本能寺の変の明智光秀の動機に関するこれまでの諸説を再検証してみよう・・・という本。



続きを読む

ももクロに興味がない人は必読。『誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論』4

ORICON STYLE ミュージック
オリコン2014上半期ランキングが発表された。
シングルはAKB関係とジャニーズ関係ばかり。
日本の音楽シーンを嘆く記事もちょくちょく見るが、
CD販売を見限っている歌い手が多い中、CD販売をあきらめていないのがこの2団体ということだけだろう。

オリコンランキングに力があって、テレビが力があった時は、
人と話をする上で、共通の話題になることが多かった。
趣味が分散する中で、本当に音楽を好きな人だけが音楽を聞く形に今後なっていくのでしょう。

つーわけで『誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論』を読んだ。
誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論
市川 哲史

シンコーミュージック 2014-04-19
売り上げランキング : 75190

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

レコードの話からモー娘。AKBももクロ、ジャニーズ、ヴィジュアル系までの音楽歴史&現状を少し語ってみました・・・という本。


続きを読む

いじめる側が正しいわけがない。『いじめのない教室をつくろう』3

いじめ。

これまで生きてきて、いじめたこともなければ、いじめられたこともない、と思っているのは鈍感なだけなんだろう。

成人したおとなの会社でもいじめがあるなんていう話を聞いていると、逃げられない空間にいて、会いたくなくても毎日会わないといけない小中学校の中で、いじめがないはずがない。
3学校くらいあって、毎日どこの学校に通学してもいいよぐらいの制度にしないと、いじめはなくならないだろうし、いや、そうしてもいじめはなくならなさそうなわけで。
結局はいじめをなくすのではなくて、いじめをどう発見して、どう対応するかを考える必要がある。
というのは、多くの人がわかっているんだろうけれど、アホみたいな親がいて、アホみたいな教師がいて。

僕はいじめをなくすことはできないし、親を矯正することなんてきない。学校制度を変えることもできなければ、教師を指導することなんてできない。
だから、フリースクール、学習塾のようなどんな形でもいいから、子どもが逃げ込める場所をつくれないかと考えている。
その空間を寄付に頼らずになんとかできないものか、と考え中だ。

いじめに関しては個人的には全て親が悪い、と思っている。
いじめによる生徒自殺があったときに、教師の能力を問うことが多いが、そもそも現在の社会状況で、学校の教師になろうと思う人に何を期待しているのだろうと思う。
もちろん安定のためにとか、なんとなくとかでなくて、積極的に教師を目指して学問してきた人もいっぱいいると思うけれど、がんばりが報われず、アホな親の相手をする中で精神的に疲弊するのは想像に難くない。

逃げることを教えられない親、子どもの涙に気付けない親、チャイルドプアを生み出す親、愛情の足りない親、教師の責任にする親、結局、いじめる側いじめられる側の子どもを作っているのは親である。
なんて言っても何も解決しない。

親が悪い!なんていうのは簡単だし、そこまで考えてない奴の意見だな、と考えさせられる本に出合った。

つーわけで『いじめのない教室をつくろう』を読んだ。
いじめのない教室をつくろういじめのない教室をつくろう
小森美登里

WAVE出版 2013-04-19
売り上げランキング : 296626

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一人娘をいじめで失った母親であり、いじめ防止のNPO活動を続けている著者が、学校のいじめについて伝えましょう・・・という本。



続きを読む

「偽善」の語源はギリシャ語の「演技」です。『偽善のすすめ』3

最近、企業ホームページをみていると社員・スタッフブログをやっている会社が多々ある。

大きく分けると2パターンあって、商品の入荷情報やセール情報を投稿しているものと従業員が仕事のことや社内で起きたことを投稿しているもの。

当然前者は何も面白くないので全く読まないけれど(これはメルマガでやることだろと)、後者の、従業員が社内のこと書いているブログがなかなか面白い。
この手のブログの目的は客に業務内容などや従業員の働きを知ってもらって身近に感じてもらうことだと思うが、従業員の愛社精神を高めるというものもあるようで、
全く社外の人を楽します気がないブログ内輪ネタで盛り上がっていたりする。
そういうのが最高におもしろい。

んで、スタッフブログ好きとしてはこの時期は1年で最もおもしろいタイミングで、RSSリーダーチェックに力が入る。


そう、この時期は各ブログで新入社員の自己紹介が投稿されるのです。

想像に難くない新入社員のプレッシャー。
指示を受けてかどうかはわかりませんが、自己紹介を書くとなれば、社内で顔を合わせたことがないほとんどの社員に自分を知ってもらうチャンスと共に、何のおもしろみもないただの自己紹介では自分を印象づけられない。
どうしようどうしよう、と悩んだ後が大いに感じられる投稿がなされるのです。
そして、それは大体失敗し、頑張りが見えすぎて全く面白くないという投稿が出来上がります。
とはいえ、それに対して他の社員が腹を立てるということは一切ありません。なぜなら新入社員だから。
そういう温かさが好きなのです。

今年もそれらのブログが量産されているわけですが、その中で一つ気になった投稿が、
新入社員の自己紹介で「自分のモットーは「やらない善よりやる偽善」です」と書いているもの。
不動産会社のブログなのですが、「偽善」って発表してから仕事していいのだろうか、お客様のためにやります!というのが今後一切通用しなくなるのでは?とちょっと心配。

でも、考えてみたら偽善ってなんだと。

つーわけで『偽善のすすめ』を読んだ。
偽善のすすめ: 10代からの倫理学講座 (14歳の世渡り術)偽善のすすめ: 10代からの倫理学講座 (14歳の世渡り術)
パオロ・マッツァリーノ

河出書房新社 2014-02-13
売り上げランキング : 113460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

偽善がこれまでどのように論じられてきたかを紹介しよう・・・という本。


続きを読む

電王戦おもしろかったので。『閃け!棋士に挑むコンピュータ』1

先日2014年3月〜4月にかけて、第3回将棋電王戦があった。

人間vs.コンピュータ。

結果はコンピュータの4勝1敗。

タイトル保持者が出場していないとはいえ、
1勝3敗1分けだった第2回より人間有利のルールになった上での敗戦は現段階でプロ棋士と対等以上に戦えるレベルにコンピュータがあると断定していいものだと思う。
個人的には、コンピュータに負けたとしても、プロ棋士への見方は全く変わらないので、どちらが強いかはどちらでもいい。

そんなことより、第3回のニコニコ動画総視聴者数は210万人を超える(第2回は200万人)ほどの注目度で、将棋人気がこんなにあったことに驚いた。

16歳の頃一時将棋道場に通ったことがあるのだが、
そこにいる半分はいわゆるおじいちゃんだった。
そのあたりの年齢の人がニコニコ動画を見たりはしないだろうから、
それを踏まえると、実質将棋人口ってすごいことになるのではないかと、思ってみたり。

とにもかくにも、イベント主催者は素晴らしいと思う。
ゲームとして将棋より面白いものはないと思っている。どんな形であれ、注目を集めるイベントをがんがんやってほしい。
つーか、金になるうちにタイトル保持者がコンピュータとやって、まだトッププロはコンピュータより強いんだよ的なのはみせといた方がいいように思うんだけどね。どうなんだろう。まあいろいろしがらみあるんでしょうが。

どちらにせよ、コンピュータの成長スピードはおそろしいなあと、しみじみ思う。

ここ数年でどれだけ強くなるねん。ほんと。

つーわけで『閃け!棋士に挑むコンピュータ』を読んだ。
閃け!棋士に挑むコンピュータ閃け!棋士に挑むコンピュータ
田中 徹 難波 美帆

梧桐書院 2011-02-10
売り上げランキング : 466632

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年に行なわれた、女流トップ棋士清水市代VS.コンピューター将棋システム「あから2010」の模様を解説、と人口知能の話を少し・・・という本。


続きを読む

遺伝、環境どっちが重要だろうとひとまずそこそこ頑張ってみよう『遺伝子があなたをそうさせる』4

遺伝か環境か。

全てが遺伝だと思うと、頑張る気力は湧いてこないけれど、運命にさからわず、好きなことを気ままにやって生きていける気がする。

全てが環境だと思うと、頑張れば結果が出るんだと思って努力できるけれど、すごく疲れそうだ。

現代の一般的見解がどのようなものかは知りませんが、個人的には全て遺伝だったりするほうが面白いなと思っています。

だから努力は一切しないとかじゃなくて、努力できるかどうかも全て遺伝で決まっているという。

つーわけで『遺伝子があなたをそうさせる』を読んだ。
遺伝子があなたをそうさせる―喫煙からダイエットまで遺伝子があなたをそうさせる―喫煙からダイエットまで
ディーン ヘイマー ピーター コープランド Dean Hamer

草思社 2002-08
売り上げランキング : 327426

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自分に読解力と知識がなさすぎて、著者の主張がよくわからなくなったりしましたが、ひとまず遺伝&環境話は非常に面白く、興味深いものだということが強く分かる・・・という本。


続きを読む

戦国名将の気くばり3

戦国時代が好きだ。
フィクションかどうかなんか気にならない、かっこいいエピソード。たまらない。

つーわけで『戦国名将の気くばり』を読んだ。
戦国名将の気くばり―人生に勝つための気働き100の知恵 (舵輪ブックス)

戦国時代の気くばりエピソードを紹介・・・という本。



続きを読む
鉄板本!!
satoshiの本棚2011
コミックニュース
メールフォーム
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QRコード
人気ブログをチェック
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ